ダイエットにも効果的!?自宅サウナに関する情報を初心者にも分かりやすく解説

自宅サウナがあるとダイエットにも良いのではないか、このように考える人も多いことでしょう。自宅サウナがあれば利用したいときいつでもサウナ体験ができますし、大量の汗をかくのでダイエットにも効果的などのイメージになりがちです。水分を大量に放出すると脱水症状になるので、ジュースや水などを大量に飲む、これによりダイエットの効果が薄れてしまいます。もちろん、自宅サウナは減量にもやくだてることができますが正しい使い方で継続していることで体重を落とすことはできるといいます。

若い人や女性にも人気のサウナを家に作る!自宅サウナの種類

最近は自宅サウナを導入する人も多くなっていますが、これは家庭用タイプで規模は小さいけれども、身近な場所で本来の効果を期待できるなどから注目を集めています。一昔前までのサウナは、おじさんなどのイメージが強く利用者も比較的年齢が上の男性が多かったといいます。しかし、最近では若い人や女性なども利用することが多くなっていて、施設側も女性から喜ばれるサービスを提供していたり使いやすさに工夫を行うお店も多くなっているようです。 このような事象から、自宅サウナを導入したい人が多くなっているといいます。人気が高いサウナを自宅でも楽しむために、住居内や庭など敷地に自宅サウナを設置する人も多くなっていますが、自宅サウナは大きく分けると2種類があります。これは、乾式や湿式などサウナの種類に加えて据え置きタイプと埋め込み2つの設置タイプがあることを覚えておきましょう。それぞれ、どのような特徴があるのかを知ること、そして自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

自宅サウナは庭にスペースがあれば屋外型もおすすめ

自宅サウナには、住居内に設置するタイプ意外に屋外型もあります。これは庭がある程度広いことや通りから死角になるような場所を選ぶなどの条件がありますが、目隠しになるような工夫を行うことでサウナの後に自然の風で体を冷やすことができるメリットもあるのではないでしょうか。自宅サウナにも乾燥式タイプがありますが、これは一歩足を踏み入れると暑さを感じて湿度を感じさせない、乾燥した状態の空間が特徴です。体の内側からじんわり温まり、さっぱりと汗を流せることから爽快感が特徴です。 最近自宅サウナの主流になりつつあるのが式・熱式のロウリュサウナで、熱したサウナストーンに水をかえて蒸気を発生させて室内の温度調節を行います。また、ここにアロマオイルをたらすことで芳香浴もできるため、使用する精油に寄りリラックス効果を期待できます。なお、自宅サウナは据え置き型と埋め込み型の2つがありますが、据え置き型は十分なスペースおよび家庭用コンセントがあれば取り付けが可能です。これに対して、埋め込み型は間取りに合わせて設置する必要があるので、工事は大がかりになります。

自宅サウナなら湿式・熱式のロウリュサウナ

自宅サウナは大きく分けると乾式のドライタイプと湿式のスチームタイプの2つに分類されます。乾式は80~90度くらいの温度ですが、湿度は非常に低めで室内に入るとじわじわと焼けるような感覚になります。一方、湿式のスチーム式は40~60度程度の低めの温度ですが、湿度は100%と高めで熱波を感じるなどの違いがあります。これらは好みにより分かれるので自宅サウナを導入するときには両者の違いを体験しておくことをおすすめします。 湿式もしくは熱式とも呼ばれる自宅サウナでは、ロウリュ浴も楽しめます。これは、ストーブを使って高温度に熱した石(サウナストーン)に水をかけると水蒸気が立ち昇り、その水蒸気で室温や湿度が上がる仕組みです。なお、ロウリュをやるときは頻繁にやるとサウナストーンやストーブの温度が下がってしまうので、一度に掛ける水の量を調節すること間隔としては10分おきにするなど調節しながら行うことも大切です。

自宅サウナには据え置き型と埋め込み型の2種類

自宅サウナは庭に置く屋外型と住居内に組み込む2種類があり、さらに乾燥式や湿式などの方式と据え置きや埋め込みなどの設置タイプの種類があります。それぞれの特徴を把握しておくことが自宅サウナを導入するときには必須になりますが、屋外型の場合は庭にスペースがあることが基本条件です。湿式は熱式のロウリュで、最近日本の中でも流行しているタイプです。ロウリュは、ストーブで熱した石に水をかけて蒸気を発生させる、この蒸気で室内の温度を調節します。この石はサウナストーンと呼ばれるもので、フィンランド原産のものが良いといいます。 自宅サウナの据え置き型は、電源コンセントがあって自宅サウナを取り入れるスペースの確保が可能なら簡単な工事で取り付けを実現してくれますし、費用も約30万円程度といわれています。これに対して埋め込み型の場合は、部屋の間取りに合わせる関係から工事の規模は少々大がかりになり、費用も約70万円が相場です。

乾式の自宅サウナの特徴やメリット

自宅サウナは、一般家庭で楽しむことを目的にしている専用のサウナです。
サウナと聞いたときに、サウナ店をイメージするなど住居内に導入することは無理、このように考える人も多いことでしょう。
自宅サウナは家の中に収めることができるコンパクトサイズの製品が多いため、導入している人も少なくありません。
なお、自宅サウナは大きく分けてて2つの種類がありますが、それぞれ特徴がありますのでその違いを把握しての好みで選択すると良いのではないでしょうか。
乾式はドライサウナと呼ばれるもので、室温は約80~90度で、湿度が殆どないのが特徴です。
高温により血液の循環が良くなり心臓の働きを活発にする、これにより有機酸素運動と同じような効果を期待できるといいます。
水分補給をこまめに行うことが大切です。
湿式はスチームサウナと呼ばれるもので、温度は38~50度前後ですが湿度は100%などから乾式と比べて温度が高く感じることも少なくありません。

湿式自宅サウナの種類や特徴およびメリット

湿式サウナは、スチーム式とも呼ばれるタイプで自宅サウナでこのタイプを選ぶとロウリュ浴を楽しむことができます。
ロウリュ浴は、フィンランドで行われているやり方で、ストーブを使ってサウナストーンと呼ぶ石を加熱して、そこに柄杓を使って水をたらす、これにより蒸気を発生させる仕組みです。
発生した蒸気で湿度が上昇すると同時に体感温度も高くなりますので発汗の促進効果を期待することができます。
ちなみに、ロウリュで立ち上がった水蒸気をタオルを使って仰ぐことをアウフグースと呼び、日本のサウナ店ではお客さんに熱波を仰ぐサービスを行う熱波師と呼ぶ人がいます。
これは自宅サウナではできないイメージもありますが、家族などに頼めばアウフグース体験もできるのではないでしょうか。
このように、自宅サウナを選ぶとき湿式を選択するといろいろな楽しみ方がありますし、水に好みのアロマを入れることで水蒸気にはアロマの香りも含まれリラックス効果を得ることもできます。

自宅サウナに遠赤外線を使うときの注意点

自宅サウナは大きく分けると、遠赤外線・乾式・湿式の3種類に分類されます。
遠赤外線の自宅サウナの室温は、約60~70度で湿度は10~15%程度です。
輻射熱(放射熱)で体を温めるのが特徴で、換気していても室内の熱が逃げにくいため他の方式とは異なり室温を下げないよう密閉するなどが不要です。
また、人体にも吸収されやすく性質があるので、効率的に体を温めることができます。
湿式はスチーム・ミスト・ロウリュなどの種類がありますが、室温は約40~50度で湿度は90~100%と高めです。
スチーム式は、ボイラーで沸騰させた蒸気を使い室内の温度を調節しますが、ミスト式は天井もしくは壁から噴霧されたミストを利用して室温を調節します。
構造そのものが複雑になりますので、自宅サウナは主にストーブで熱した石に水をかけ蒸気を発生させて温度および湿度を調節するのがロウリュが一般的です。
なお、ストーブで熱する石はサウナストーンと呼ばれるもので、定期的に温度や湿度を調節するため水をかけて蒸気を発生させるなど、自宅サウナの中でも人気を集めています。

ロウリュを自宅サウナに導入したときの使い方

ロウリュは、サウナ発祥の国でもあるフィンランドで行われてるサウナ浴の呼び名で、自宅サウナで湿式を選択したときに利用できます。
室内に設置されているストーブには、サウナストーンと呼ぶ高温度に達しても割れないしフィンランド原産の香花石があり、ストーブで高温に達しているときにひしゃくを使いそこに水をかけます。
すると水蒸気が発生して自宅サウナの室内は温度と湿度ともに上昇することになります。
室内の室温や湿度は好みがありますので、お店でやるときには一言声をかけてから行うのがマナーです。
また、水をたくさんかけるとストーブの温度が下がってしまうなどからもロウリュのやり過ぎにも注意が必要です。
ひしゃくで水をサウナストーンにたらすときは、必ず奥の方から徐々に手前に向かって行いましょう。
ちなみみ、水をたらすと通常なら音がしますが、音がしないときは温度が下がっている証拠なのでしばらくそのままにするなど様子をみましょう。

自宅サウナのロウリュに使用するサウナストーン

自宅サウナの中でも湿式は、ロウリュを使うのが特徴です。
ロウリュは、サウナの発祥の地でもあるフィンランドで使用されているサウナ浴の一つです。
ストーブを使ってサウナストーンと呼ぶ香花石を使うのが特徴で、ストーブの熱で高温度になっているところに柄杓の水をまくことで大量の蒸気を発生させる、これにより室温や湿度が変化します。
一般的には水をかけるスタイルになりますが、水にアロマオイルを含ませることで自宅サウナはアロマの香りで癒し効果を期待することもできます。
ちなみに、アロマオイルはネット通販で購入できるものを使えるので、好みの香りをいくつか購入してその日の気分で使い分けるのもおすすめです。
なお、サウナストーンに水をまくときは奥から手前に向かって行うのがポイント、手前からやるとヤケドすることもあるので要注意です。
ゆっくり水をかけると蒸気は緩やかに発生して、自宅サウナの室内の温度もゆっくり上昇するためリラックス効果が高まります。

自宅サウナに関する情報サイト
自宅サウナに関する情報

このサイトでは、ダイエットにも効果が期待できそうな自宅サウナに関する話題を初めての人でも分かりやすく解説しています。設置することで電気代などの維持費が必要ですが、他にもメンテナンス費用も必要です。大掛かりなメンテナンスは要らないといいますが、ヒーターやサウナストーンなどの劣化により交換が必要になることもあります。なお、ここでは屋外型はサイズから設置まで自由度が高いことや自宅にサウナを作ることでいつでも好きなときに利用できて健康的になるなどの話題を中心に解説します。

Search